著者名:高橋よしひろ

Home

著者名:高橋よしひろ一覧

銀牙伝説ウィード(1)
伝説のボス犬・“銀”の息子・“ウィード”が、未だ見ぬ父に会うため、北アルプスから奥羽目指して走り出した。勇気を武器に突き進むウィードを待ち受ける試練とは!?
銀牙伝説ウィード(2)
父「銀」に会うため、奥羽へと旅立った「ウィード」。しかし、彼を待っていたのは父が築いた楽園の崩壊だった。
銀牙伝説ウィード(3)
総大将・銀を含む幹部犬全滅の真相を確かめるべく、牙城へと向かったウィードと若き戦士達。彼らがそこで見たものとは…!? 楽園崩壊の元凶が明らかになる!! 奥羽の未来をかけた戦いが今、始まる!!
銀牙伝説ウィード(4)
奥羽の未来を切り開くべく牙城へと向かったウィードと若き戦士達。ジェロム率いる殺し屋軍団との合流を果たし、いざ怪物との最終決戦へ! 死を覚悟した男達の熱き生き様がここに爆発する!!
銀牙伝説ウィード(5)
「怪物」のさらなる凄さとパワー、それに対抗しようとするウィード達。特にこれまでベールに包まれていた殺し屋軍団の実力が明らかになる。
銀牙伝説ウィード(6)
怪物との戦いの行方は――!? またウィードたちの安否は――!? 一方、南アルプスでは、大ボス・法玄(ほうげん)が天下統一の手始めに、奥羽の総大将・銀(ぎん)を包囲して襲い始めていた――!!
銀牙伝説ウィード(7)
アルプスの巨悪・法玄に捕らえられた父・銀を救うべく、ウィード達が動きだす。ボスとして認められたウィードの活躍や、また彼らの前に立ちはだかる偵察犬・ロケット兄弟とのスリリングなストーリーが展開する。何よりも“生きる”とは何か、犬達は懸命に我々に訴えかけてくる。
銀牙伝説ウィード(8)
奥羽軍団が打倒法玄に向け、西国に新たな仲間を求め 命懸けのアルプス越えに挑む。苦境を乗り越えながら仲間としての結束を固めてゆく犬達の姿は実に爽快だ。
銀牙伝説ウィード(9)
ヒロと麗華を逃がし、一匹(ひとり)で法玄に立ち向かったジョンの運命と、打倒法玄に賛同する仲間を集めるため動き出したウイードと不良のボス・狂四郎の出会いが描かれているのだが……なんと言っても今巻の見所は、ジョンの壮絶な最期であろう。
銀牙伝説ウィード(10)
不良のカリスマ狂四郎を男と見込んだウィードは単身で説得に出向くが、狂四郎との交渉は決裂し、タイマン勝負へと発展してしまう。喧嘩慣れした狂四郎のペースに呑まれたウィードは大苦戦するのだが……!?
銀牙伝説ウィード(11)
「キラー・ファング」の異名を持つ殺し屋兄弟の強襲を受けるが、ウィードに熊犬の血が蘇り、狂四郎と力を合わせて猛反撃に出る。しかし相打ち覚悟で攻撃した狂四郎は力尽きて……!?
銀牙伝説ウィード(12)
ウィードたちはさらに強力な味方を求めて西へ旅立ち、甲賀の忍犬と遭遇するが、忍犬の頭目・哲心(てっしん)は父の仇として奥羽軍団に恨みを抱き、攻撃を仕掛けてくる。それでも哲心に話し合いを求めるウィードであったが、沼の底で溺れて甲賀の忍犬に捕らえられてしまい……!?
銀牙伝説ウィード(13)
ウィードは甲賀の忍犬の頭目・哲心に捕らわれてしまう。ウィードを助けに来たジェロムが口にした言葉を聞いた哲心は、英雄スミスがウィードの母・桜(さくら)を見捨てた裏切り者だと話し出す。母が死んだのはスミスのせいだと知ったウィードは……!?
銀牙伝説ウィード(14)
誰の仕業なのかを単独で探っていたロケットは、広島からきた狂犬・カマキリの大軍に襲われるが、自慢の足で窮地を逃れる。カマキリもまたアルプスの法玄と組んで天下を治めようという野望に燃えていた。一方、ウィードたちは野犬狩りの銃弾にさらされるが……!?
銀牙伝説ウィード(15)
父の仇であり自分の片眼をつぶした相手であるカマキリに復讐の炎を燃やすヒロ、そして始まる奥羽軍団VSカマキリ軍団――。奥羽の精鋭たちは序盤こそ互角の戦いを展開するが、カマキリ軍団の数に押されて次第に劣勢に陥ってしまい、カマキリと戦うウィードはピンチに……!?
銀牙伝説ウィード(16)
遂に絶天狼抜刀牙の大技の習得に乗り出したウィード。指導する哲心でさえ本物の抜刀牙を知らないだけに熊犬の血にかけるしかない。はたして特訓の行方は?また、傷を癒すため訪れた湯治場には予想もしない強敵が現れ、壮絶なバトルが始まってしまう。
銀牙伝説ウィード(17)
法玄軍もまた奥羽に向けて進軍を始めようとしていた。その混乱に乗じて脱出を敢行した銀だったが、追っ手の中には銀を殺そうと狙うマーダーSがいた……。
銀牙伝説ウィード(18)
奥羽軍団の後をつける法玄の偵察部隊を捕らえたウィードは、法玄の元に戻らないという約束をさせて彼らを逃がしてやるのだが、その約束を破った偵察部隊を、ジェロムはウィードの制止を無視して処刑する。ウィードとジェロム、鉄の結束を誇る奥羽軍団に今、亀裂が生じる――!
銀牙伝説ウィード(19)
何と言っても父 銀の宿敵マーダーSとウィードの一騎打ちである。かつて奥羽総大将の地位を狙い、銀を苦しめたマーダーが鋼鉄の義足を身につけ、パワーアップし、今度は銀の息子を狙うのである。まだ未熟なウィードには如何なる運命が待つのか?
銀牙伝説ウィード(20)
二子峠を一望できる場所にたどりついた奥羽軍団は、法玄の弟、玄婆と始まった死闘。法玄軍ナンバー2の実力が明らかになる。また鬼の闘兵衛の呼び名を持つ闘犬の強さにも必見である。はたして、この猛者二匹を相手にウィードはどう戦うのか? 奥羽軍団の運命は?
銀牙伝説ウィード(21)
二子峠付近で法玄の弟・玄婆(げんば)と闘う赤目(あかめ)たちと合流し、哲心(てっしん)の活躍で玄婆に勝利する。しかし法玄がカマキリの部隊を送り込んだことで、数の上では劣勢となったウィードたちはロケットを囮に使って、ある作戦を実行する――!
銀牙伝説ウィード(22)
最強最悪の敵とウィードが対決するのだ。伝説の戦士モス、そして武蔵の加入により勢いづく奥羽軍。とはいえ、その兵力は七百対百。圧倒的不利は変わらない。まさに大将としての手腕が問われる時だ。はたしてウィードがとる作戦とは?勝負の行方は?
銀牙伝説ウィード(23)
法玄軍との決戦がますます激化するなか、闘兵衛は幼き子供を助けるため、そして狂四郎は自分の命とひきかえに法玄を倒すため、死を覚悟のうえで突っ走る。
銀牙伝説ウィード(24)
友のために我が身を顧みず多勢の法玄軍と戦う闘兵衛、狂四郎、タケシ。はたして彼らの運命は? また、そんな三匹を探しに出たウィード達に待つものとは? 
銀牙伝説ウィード(25)
傷の癒えた銀は500の兵を集め、ウィードの後を追って咆哮を放った。銀の目的は、牙城を爆破し野犬を殲滅すること。はたして牙城は? 牙城をとり巻く犬達の運命は?
銀牙伝説ウィード(26)
人間によって牙城が爆破され、部下たちを見殺しにして逃げていた法玄に、ウィードは対決を挑む。そして法玄に代わって天下取りを狙うカマキリは残された奥羽軍に奇襲をかけていた――!
銀牙伝説ウィード(27)
法玄に対決を挑んだウィード、法玄とともに崖下に落下し、激流に流されたジェロムを救おうとウィードもまた崖に飛び込んでしまう。一方、ウィードを探して崖下に降りた銀の前にはマーダーSが現れて……!?
銀牙伝説ウィード(28)
手負いの悪魔となった法玄はベンやクロスなど往年の奥羽戦士を襲い、麗華(れいか)やブルゲ、甲賀忍犬・敏光(としみつ)など、自らの命を犠牲にして道連れを狙った者たちをも倒していく。すべてを圧倒する法玄の強さにウィードは……!?
銀牙伝説ウィード(29)
法玄は子犬のメルを人質にして、ウィードとの一対一の勝負を要求する。手負いの悪魔となって凄まじき強さを発揮する法玄に、疲労困憊であったウィードは瀕死の状態になってしまうのだが……!?
銀牙伝説ウィード(30)
死闘の末に、法玄との一対一の勝負を制したウィード。ウィードに代わって法玄にとどめを刺そうとする銀に対して、ウィードは意外な行動を……!? そして戦いを終えたウィードは幼い頃の夢を見る。それはウィードに2匹の兄弟がいることを示唆していた。自分の兄弟を探す旅に出るウィードに待ち受けているものとは――!?

MENU